横浜のバラ鑑賞 私の一押しのスポット!『港の見える丘公園』

バラが見ごろを迎えています。ロザリアンにとっては待ちに待ったこの時! 私もその例にもれず、心が躍っています。インスタグラム、フェイスブック、アメブロなどにバラの様子を頻繁に挙げています。

 

昨日、横浜へバラを見に行ってまいりました。私の一押しの場所は、港の見える丘公園です。昔は港の見える丘公園といえば、横浜港を見渡せるデートスポットでした。横浜遠足のテッパンのコースでもあります。

けれど、ここ数年の港の見える丘公園は違います。 昔の外人居留地で、神戸の異人館と並ぶ異国情緒あふれる元町・山手エリア。エリスマン邸を代表とする昔の洋風建築が、バラと似合います。

高台に位置する港の見える丘公園は、園内は勾配があり海の向こうには空とベイブリッジが見えるなど、なんとも景色が良いのです。また素敵な構造物がバラを引き立てます。

いくつかのエリアに分かれており、イングリッシュローズを集めたエリア、日本のバラエリア、見事なつるバラをアーチのトンネルにしたエリアなど、見どころ満載です。

バラ・ばら・薔薇。 バラ尽くしです!!

昨日は、午前中まで雨模様でしたが午後からはスッキリ晴れ渡り、素晴らしいバラ鑑賞日和となりました。空も雨で浄化されたのか、ことのほかクリアで雲一つなく、バラとのコントラストが一層素晴らしく感じました。

植物が放つ「氣」は素晴らしいです。日頃のストレスが吹き飛びます。日差しからのエネルギーも相まって元気になりました。

今回ご紹介した港の見える丘公園ですが、「横浜ローズウイーク」というバラのイベント会場の一つです。近隣のアメリカ山公園、横浜山手西洋館、山下公園、その他多数。 少し足を延ばして横浜イングリッシュガーデン、八景島バラ園が会場となっています。

 

5/18~19には日本大通りで話題の苗を購入できるそうです。ローズ&ガーデンマーケット。詳しくは公式ガイドブックをご覧ください。