幸運を引き寄せる、庭の青龍と白虎

 

今回は、庭においての青龍と白虎についてです。風水には四神相応という考えがあります。環境を観る風水を巒頭風水(地理風水)と言いますが、大地を主る四神にふさわしい地勢や地相を吉とします。背後の山が玄武、前方の水が朱雀、玄武を背にして左側の砂が青龍、右側が白虎となります。

お庭の構造物で、幸運の四神相応を作る方法をご紹介します。その前に、お庭の植物の様子をご覧ください。

大半の画像が、バラの咲き始める4月後半の様子です。今年は、生垣の前に植えているバラ、ブルーフォーユーが1番乗りで咲き始めました。

株下には、黄緑色のルブスと…名前を忘れてしまった赤葉の宿根草。毎年、このコントラストに合う草花を植えています。今年は、白の金魚草と紫ピンクの宿根バーベナで爽やかにしてみました。

隣の寄せ植えは、紫のビオラと黄色のオステオスペルマム。黄色と紫は反対色の関係ですので、インパクトがあります。庭のフォーカルポイントになります。

 

 


反対色ですが、オステオスペルマムの花芯の色が紫が入っているので、違和感がないです。今現在もブルーフォー・ユーの陰になったこの鉢は未だに紫のビオラが生き生きと咲いております。(2021年5月20日撮影)

 

 

 

そして、お隣のブースには日陰に強い植物を植えてます。こちらはピンクのベゴニアが目立っています。紫色のアジュガとビオラが、隣の黄色ブースを繋いでいましたが、今はアジュガの代わりに紫のイソトマに変わっています。

こちらもビオラが生き生きしています。後ろ側には、新しく色違いのヒューケラ2種とアスチルベを植えました。これからホスタ(ギホウシ)が、ニョキニョキ葉を出してきます。

 
 

四神相応を構造物で作るには

 
四神応相の幸運のお庭を、自身の庭で作ってみました。背後の山が玄武、前方の水が朱雀、玄武を背にして左側の砂が青龍、右側が白虎というのが四神相応となりますので、向かって左を青龍、右を白虎とみなして高さを出しています。そして青龍はアーチでより高く、白虎は横張のブルーフォーユーで、アーチより低くしています。
 
残る玄武と朱雀はどうかというと、玄武は建物が担ってくれていますし、朱雀は前方の開けたところ(幸運なことに生垣の先は水辺があります。)となります。
 
 
 
 
 
お庭の広さや形は各家によって違いますが、基本は「左側を高く、右側を左より低くする」です。左右=陰陽のバランスを取る意味でも、必ず左右に高さを出してくださいね。庭の様子を動画をアメブロのほうにアップしておりますので、左右の高さを観てみてください。アメブロ記事はこちら
 
 
でも、お庭の気を良くする一番良い方法は、植物を大事にする事です。
 
できるだけ、薬剤は使わない方が良いですし、ガンガン肥料を入れて花を咲かせよう!とかは、思わない方が良いです。ブロイラー的に育てたり、薬漬けの生き物が調和が取れているとは思えませんから。
 
 
植物を慈しみ、愛でることができるなら、風水テクニックに頼らなくても幸運を引き寄せられます。
 
 
 
 
無料メルマガを配信しています。