【花の栽培法】春の寄せ植えの作り方

春めいてきたので、春の花を買ってきて寄せ植えを作りました。

春色は、明度、彩度の高い色で季節感を出すようにすると良いですよ。ダークな色、オータムカラーは秋の雰囲気になります。

黄色と紫

反対色の組み合わせなので、パンチが効いています。

薄い黄色とピンクがかった紫に白が入り、彩度、明度の高い色味になっています。

なので暗さは感じないでしょう?

反対色の組み合わせの他に、同系色でグラデーションを作るのも落ち着きのある雰囲気になります。

方位のエネルギーを強めるには、同系色で作るのが良いかもしれませんね。

開運ボタニカル風水Ⓡでは、特別な土をブレンドしています。

元気に育ち、磁場が良くなる不思議な土なのです。

今回は、白の縦長の鉢に寄せ植えしてみました。

鉢は、底に穴の開いたものを使用してくださいね。

そこへネットを敷き、鉢底石を敷き詰めます。

次に、培養土をいれます。(量は写真を参照)

使用する草花は

オステオスペルマム、アルメリア、クレマチス(フレグランスオベロン)、チェイランサスプルプレア、ラミウムの計五種。

どれも宿根草・多年草ですので、毎年咲きます。

五種類入っていますが、上に伸びるもの、枝葉が細かく暴れるもの、繁茂するもの、下に垂れるもの

生育タイプの違うものを組み合わせると、種類入れても大丈夫。

ただし、水をたくさん欲しがるものと、乾き目が好きな植物を一緒に植えないようにしましょう。

根鉢を少し崩して、苗を配置していきます。

その時、各苗の表面の高さが均一(平行)になるように植えてください。

どれかが深植えになると、花が腐って枯れてしまいますので。

バランスを見て、位置が決まったら、土を入れていきましょう。

この時も、苗と苗の間に隙間なく土を入れるようにしてください。

一通り土を入れたら、鉢底から流れるくらいたっぷりと水をあげてください。

その時はやさしく、根に近いところで注いでくださいね。

くれぐれも花や葉の頭から、ジャージャー水を掛けないように。

水やりをすると、もしかしたら鉢の表面の土が下がっている場合があります。

それは、苗と苗の間の、そのまた下の方に土が入ってなかった証拠です。

根が空気に触れていると花は枯れてしまいます。

根鉢と同じ高さになるように、土を足しましょう。

はい出来上がり!

植物と相性の良いクリスタルガラス(サンキャッチャー)を添えると、植物が良く育ちますよ。

花が終わったら、花がら摘みをこまめに行ってくださいね。

水やり後、しばらく置いてからの寄せ植えはトップの画像です。

ぜひ、春の寄せ植えにトライしてみてくださいね。

お知らせ

メルマガ始めました。

風水の他、陰陽五行、健康、人間関係、お金、四柱推命のことなど多岐にわたってお伝えしていきます。

毎日の生活が豊かになり、幸運の上昇気流に乗れますよ。

幸せの羅針盤メールマガジンをよろしくお願いします。