金運・ビジネス運は、やはり風水の良し悪しだった!

風水は、本当に不思議で奥が深いです。

金運、ビジネス運に関して言えば、家の中の風水が良くても小金持ちで終わる人もあれば、大金持ちになる人もいます。

また、あれよあれよとトップに上り詰める人もいれば、平々凡々に、毛が生えたくらいに出世する。そういった、レベルの差があります。

一体それはどうしてなのか?と思っていました。

生まれながらの運と、巡ってくる運が上手いこと合わさって成功できるものですが。

どうもそれだけでない・・・。

名前の良し悪しでしょうか?

名前が悪ければ、変な人と付き合って身を崩したり、刑罰となる行動を取るパターンもあります。確かに名前は大事で、姓名衝突(家族間で同じ画数を持つこと)は避けるべきです。

とはいえ、これまで私が観察したところでは、名前を変えた人でも大きく開運する人と、そうでもない人がいます。それはどうしてなのだろうと、ここでも思いました。

ある時、改名した翌日から大開運した人の誕生日を聞く機会に恵まれました。どうやら運の巡りが関わっていたようなのです。その人の改名した時期が、最大吉の運気が巡って来他タイミングだったのです。

運の変わり目に、なんとなく引き寄せられて良い名前を付けてもらえ、どんどん開運していっています。あまりにも悪い名前だったためにせっかくの吉運に、硬い蓋(フタ)がされていて、運を活かしきれなかったのだと思います。

名前を変えたからと言ってすぐに大開運するわけではない、という結論に至ました。良い名前は、「運が良い時期」が大事ということなのです。

金運・ビジネス運は環境風水が肝だった!では健康運は?

しかし、名前と金運は連動しない。私はそう感じています。家のゴタゴタ、家庭崩壊がありながらも、お金だけは売るほどある・・なんていうところもあります。

実は、金運、商売運に関しては、風水の影響がとても強いことがわかりました。

大きな成功には、地の利が絶対条件だったのです。(環境風水の後押しが必要)

長くなるので割愛しますが、自分の過去の事例を改めて検証してわかったことでした。

反対に、病気、ガンなどは、家の玄関と寝室の場所の影響がとても大きいのです。

磁場のグリットの影響もあり、見えないエネルギーの影響力も大きいです。

悪い風水の場所に居ると、なぜかネガティブ思考になり、眠れないということがあります。

イライラするとか、鬱っぽくなるのも風水が悪い可能性があります。

体質や季節の影響もあるので、生まれながらの五行のバランスは家族分知っておくと良いですね。

傾向を知っておけば、無意味に心配しなくなるからです。

気持ちが落ち込み、眠れなくなると病気になりやすく、そこから負のスパイラルに入っていくことにもなります。

年ごと、月ごとに巡る風水の影響も大きいので、ぜひ今月の方位別吉凶をチェックしてみてくださいね。

運を上げる花たち

植物は波動が高く、良い氣を放ち、癒しの効果があります。

方位に合った花を飾ることで、運を上げたり凶方位を和らげたりできます。

東 (6・7)=成功、発展運

東南(7・8)=女子の恋愛運、ビジネス運

南(3・4)=人気、名声、試験、運

南西(5・6)=女主人の運、家庭運

西(1・2)=金運・恋愛運

西北(9・1)=主人運・社会的地位運

北(4・5)=健康・子供運

北東(2・3)=不動産、貯蓄運

方位ごとに、特定の運気が割り当てられています。

建物の一部が掛けていると、その方位のエネルギーが弱まります。

例えば、北西にカースペースがある場合は、大きな欠けがあることになり社会的地位が脅かされることになります。その方位のエネルギーを補わなくてはいけません。

年、月に巡る風水エネルギーも重要です。必ずチェックしたいところですね。

本日4月5日夜8時~メルマガを配信します。

今月の風水と、お勧めの植物についてを書いています。