【花の栽培のコツ③ 水やり 】

鉢栽培をするとすぐ枯らしてしまう・・・と、植物を育てる自信を無くしてしまっていませんか?

実は、水やりがうまくいっていないのが理由であることが多いです。植物の生育する条件には「太陽」「風」「水」が必要です。それも、『適度』に。

水やりの基本は「乾いたらたっぷりとあげる」です。水はたっぷりとあげてほしいのですが、一か所にめがけてたっぷりあげたとしても水の道ができてしまい、土にしみこまずにそのまま鉢底から流れてしまいあまり意味がありません。

土の表面を少し強めに触ってみて、ほんのり湿っている状態になっていたら水をあげるとうまくいきます。湿り気が水を吸いやすく、全体に行きわたるのです。カラカラに乾いてしまうと、一か所に水やりするのと同じようになってしまいます。

土がカラカラに乾いてしまった場合は、一回目に少量の水を全体に回しかけて土全体を濡らすと良いです。じわ~っと土に水が広がっていくまで、数分待ってみましょう。そして水をたっぷり与えると十分な水が鉢一杯に行きわたります。

または、バケツに水を張って、鉢ごと水につけてしばらく時間を置くのもお勧めです。

その時は、鉢の受け皿を取り除いてください。水が残っていると根腐れをしたりボウフラがわきやすくなります。室内で育てる場合は受け皿は必要ですから、ベランダなどで鉢底から水が滴ってこない程度に水切りしてから受け皿に乗せるようにしてくださいね。

そして、ここからが大事です。

季節によって水やり時間のタブーがあります。冬場は、早朝や日が暮れてからの水やりは避けてください。水が凍って草花が弱ってしまいます。気温がある程度高くなった時間帯に水やりするのがベストです。

反対に、夏場は日が高くなってからの水やりは、湿った土が蒸発して草花が蒸れて腐りやすくなります。早朝または夕方に水やりをするのがお勧めです。

また、水やりの頻度は、草花の性質にもよります。水を欲しがる性質か水をあまり必要としない品種かどうかも知っておくと良いです。多肉植物やサボテンは水を欲しがらない代表です。

一般的な草花では、冬場は2~3日ごとを目安に。夏場は毎日または朝夕2回の品種もあります。鉢の大きさや草花の種類にもよるので、基本の「乾いたらたっぷり」を覚えておいてください。

これをやっただけでも、草花を枯らさなくなりますよ。

お知らせ

メルマガ始めました。

風水の他、陰陽五行、健康、人間関係、お金、四柱推命のことなど多岐にわたってお伝えしていきます。

毎日の生活が豊かになり、幸運の上昇気流に乗れますよ。

幸せの羅針盤メールマガジンをよろしくお願いします。