一番花が終わったバラと母の日のカーネーションの植え替え

今年購入した大苗のバラを、8号鉢に植え替えました。デルバール社の「オマージュ・ア・バルバラ」は、ベルベットのような質感と個性的な花弁が魅力の、深紅のバラです。

昨年、横浜山下公園で見かけて、欲しいなと思っていた品種です。今年も港の見える丘公園のバラ園でも見つけました。

赤。特に濃い赤は、緑色の葉とのコントラストがはっきりしないため、ガーデンではあまり目立たないのですが、白い壁をバックにすると強烈な存在感を発揮します。

我が家に迎えたオマージュアバルバラも、まだ6号鉢とサイズは小さめです。またベランダガーデンでもあまり存在感を発揮しない。

でも、とても元気で株もしっかりしています。(はなはなショップさんで購入)6号鉢ではすぐ水枯れしてしまいます。その鉢で、一番花全部を咲かせるのでは株が相当弱ってしまう。そう判断し、適度に開花したタイミングで切り花にしました。

 

 

 

今日、その花がすべて切り花になったので、大きな鉢に植え替えをしました。バラは根が張る植物なので、スリット鉢という切れ込みの入ったバラ専用鉢に植え替えるのがお勧めです。「スリット鉢」と検索すると色々出てきます。

鉢の色は緑色や黒が主で、たまに白もあるようですが、白よりはやはり色の濃いほうが良いです。6号鉢で購入したバラは8号鉢に移し替えるのが基本です。ただし、生育旺盛でどんどん大きくなるつる性のバラは10号以上の鉢の方が良いかもしれません。

 

 

とはいえ、鉢植えの植物に関しては「大は小を兼ねる」というのは当てはまりません。植物(バラ)の大きさに応じた適度の土量というのがあります。今回植え替えするのはバラの大きさに対して鉢のサイズが小さすぎるからです。バランスが大事ということですね。

スリット鉢に植え替えたのがこちらです。

 

購入した時のバラの土は、新苗という一年目の若い苗を大きくして一番花を咲かせるまでの栄養が入っていますが、その後の成長期の栄養までは入っていないのです。春になり、バラの株もどんどん大きくなり根も成長します。ですから植え替えないと根詰まりを起こします。

水もたくさん欲しがるので、一日に2度水やりしないとくたっとしてしまうほど。購入した大苗は、一番花が終わった後に植え替える必要があるのです。

この植え替えには自分流にブレンドした、その場をイヤシロチ(良い氣)にする不思議な土を使って植え替えをしました。

その土ややり方などは、今年の末開講予定の開運ボタニカル風水講座で、公開したいと思っています。

 

 

そして、母の日にプレゼントされたカーネーションも、ついでに植え替えしました。

 

「母の日にもらったカーネーションがこんなになってしまいました。どうしたらよいか教えてください。」

そうお客様から質問をいただきました。

あなたもこのようなカーネーションをプレゼントされたかもしれません。たくさんの花を咲かせて楽しませてくれたカーネーションは、ひとしきり花が咲いた後はつぼみができていても、咲かずに枯れてしまいがちです。

 

カーネーションも先のバラと同じように、母の日の開花に合わせて育てられています。ですから2番花を咲かせるには鉢が小さかったり、土に栄養がほとんどない状態です。

液肥を追加するのも一手ですが、私は植え替えをしてみました。

 

カーネーションは、四季咲き性の多年草で主に4~6月が開花期となっています。多年草は(3~4年程度)数年間で寿命がつきてしまいますが、しばらくは毎年花を咲かせます。

管理次第でまた花を見せてくれるでしょう。でも、栽培は少し難易度があがります。私も、初めてカーネーションを育ててみることにしました。

 

 

まず、終わってしまう花を整理します。

カーネーションの茎の節のあたりをカットします。

カーネーションを根元を持って、優しくポットから外します。

 

 

土が痩せてカラカラになっていました。

黄色くなった葉を取り除きます。この画像では、根鉢を少し崩していますが、初心者さんは根を崩さずにそのまま植えてください。

 

 

バラの植え替えで要らなくなった6号鉢に植えることにします。鉢に鉢底の石を入れ、2センチ厚目安に敷きます。培養土を鉢の高さの半分より少し下くらいまで入れます。

カーネーションの苗を真ん中に置き、培養土を入れていきます。ウオータースペースを残すように、鉢の3センチほど下まで土を入れます。

もうこの時点で、窮屈だった根が自由になり、カーネーションも喜んでいるようです。何となく元気な感じに見えます。

 

 

 

たっぷりの水を与えて、2,3日日陰において養生させてください。それからは日向で育てましょう。肥料を与えるのは2週間後くらいがよいでしょう。緩効性肥料を使う場合は、ゆっくりと効いてきますので、施肥をもう少し早めてもよいです。

 

 

 

いかがでしょうか?

写真からも生き返った感じが伝わってきませんか?

私は、磁場の気を上げ、元気に生育する特別な土を使いました。

今後どんな風に育つか楽しみです。

 

 


玄関の気を高め、幸運のパワーをお家に引き入れましょう。

風水の気は玄関から入ってきます。家に良い氣を取り入れるのはもちろんのこと、出入りをする玄関前を良い氣で満たし、家族やお客様の気持ちをルンルンさせませんか?

オシャレで素敵な開運グッズをご自分で作りませんか?

開運ボタニカル風水寄せ植えレッスンを行っています。寄せ植え初心者でも、素敵で上手に咲かせるコツをお教えします。

 

例) シンプルなインパチェンスの寄せ植え

 

詳しくはレッスン案内をご覧ください。こちら