秋とバラと土還り

秋が深くなってきました。散歩をすると、葉を赤く染め赤い実を付けたハナミズキが、秋の深まりを教えてくれます。

我が家の庭のバラです。バラは春の一季咲き、春秋の二季咲き、年中咲く四季咲きがあります。四季咲きというのは、温暖な地域では冬も咲きますが、冬場は休眠期といってバラは葉っぱを落として冬眠するのです。それを休眠といいます。

冬はガーデナーは、誘引していたアーチやフェンスからバラの枝を外して、葉っぱを取り、長くなりすぎた枝を短くカットする作業をします。バラの性質によって、カットする長さも変わってきます。そして、肥料(馬糞を使うことが多いです)を施します。

鉢植え栽培のバラは、枝葉をカットするのと同時に根鉢に周った根もカットします。そして、新しい用土(又は消毒された清潔な土)に取り換えで養分たっぷりの土の中で、冬越しします。そうすると、春に素晴らしい花を咲かせてくれるのです。

ガーデナーの中では、冬に枝葉を落とさずにそのまま冬越しする人もいるようです。

 

私の庭のバラをご紹介します。

化学肥料、薬剤を一切使わずに育てているせいか、または放置栽培のためか我が家の鉢のバラは、花数は少ないです。今年は冬の土変え等を行わなかったのもあって、春に花を着けなかったバラたちが結構ありました。その個たちが今秋に花をつけてくれています。



ラ.パリジェンヌ

上が蕾 下が開花

この子は、まるでダリアみたいです。以前は、もっと違う感じだったのに・・・。バラは品種改良を繰り返してますから、先祖返りしたり、個性が変わったりするみたいです。

 

ピエドゥー

ピンクに白のマーブル模様が入っています。

 

雪舟

クリーム色の剣咲きです。

繰り返しますが、今ご紹介したバラたちは春に花を咲かせなかった子(個)たちです。春に花を一杯咲かせてくれた子は、今秋はほとんど咲いてないです。化成肥料、ぼかし肥料をやれば、もっと咲くのでしょうが花を付けるのにも、体力がいるのです。

ほら、食べなさい、食べなさい!

病気になるから、ワクチン(消毒)打って

病気になれば、薬を与えて〜


うーん?私たち人間、ペット、家畜さんたちと同じよね?と思ってしまいます。病気になってしまうのは、個体の体力が弱り、死の方向に進んでいるからだそうです。

死=分解

微生物が土に還るように、分解してくれるのです。だから、虫が付いたり、病気なったりするのです。死んだものが、ずっとそのままの形を取っていたら困りますよね。虫や微生物が分解してくれて、土に戻る。

その土は、養分をたっぷり含み、新たな生命を育むのです。


秋も似てますね。晩秋は、収穫が終わり、残った枝葉が落ち、土に還る時です。10月は、十二支で「戌」。土のエネルギーであり、墓の意味があります。まさに、今は土に還る時。


2020年は、まったく新しい時代の初めの一歩の年です。これまでの価値観、慣習、仕組みが墓に入るような気がしています。新しい芽生えに向かって、ようやく準備が整ってくるのではないでしょうか。

 

 

不定期でメルマガを配信しています。ご登録いただくと過去の記事をお読みいただけます。